日雇いバイト危ない?怖い?

あぶない?怖い?日雇いの仕事

「日雇い」と聞くと、どうしても「危険じゃないか?」「危ない仕事じゃないか?」「なんとなく怖い…」といったイメージを持つのでは?

 

一昔前は”日雇い労働者”という言葉も頻繁に使われ、ボロボロの服を着た汚いイメージがありますからね…。

 

でも、今はしっかりしたサイトや有名どころのサービスを使って探せば大丈夫です。バイトルやタウンワークといった一流企業が運営している人材会社ですからね。危険な仕事や危ない環境、怖い人がいる回会社などは紹介していないはずです。

 

 

ちなみに、求人サイトでは「日雇い」や「日払い」の意味はだいたい一緒です。働く期間で選んだり、短期バイトといった区分で検索すると、1日単位ですぐ働けるバイトが簡単に見つかります!こうした仕事なら、安全な職場で安心してバイトできますよね。

 

 

おすすめの日雇い・日払いバイトの種類

  • イベント系:最短1日からOK、楽しい雰囲気、イベント体験できる、大量募集、友だちと一緒
  • 軽作業:単純作業、仕事が簡単、いろんな業種がある、仕事が選べる、1年中探せる、全国各地で募集
  • 警備員:高時給・日給が高い、制服でかっこいい、福利厚生が充実、夜間勤務もある、仕事が多い

 

交通費が出なかった…日雇いバイトの苦い経験

学生時代なんですが、少し離れた臨海地域で再開発が行われていて、
日雇いの労働者を大量に募集していました。かなり作業員が不足していたようで。

 

工事現場で働く

建設の現場は、軽作業の人を日雇いや日払いの契約で採用します。とくに経験なくてもできることなので、大学生でもOKというもの。

僕も何度も参加しました。一度いくと、あとは行きたい日の前日に連絡すればOK。面接なしでも大丈夫でした。

 

仕事は作業エリアで足場などの資材を運んだり番線とかゴミ拾いをしたい、場内の整理をしたりです。
その時の職長さんの支持にしたがって働きます。
日給がよくて、大学生でも1万3千円くらいいただいてました。

 

求人情報は条件面を要チェック

だだ、ちょっと家から離れていたので電車とバスで通ったんですが、交通費が出なかったのが不満
でした。工務店とか○○組みたいな建設会社はザックリと日給でいくら、みたいな計算でしたネ・・・

 

交通費の支給があれば一番良かったんですが、しかたないですね。
最後はチャリンコで一生懸命走って、交通費を浮かせました・・・(-_-;)

 

バイトを探すときは、日給や時給だけじゃなくって交通費支給かどうか
条件面をよく確認してから応募しよう。勤務が遠いとこで、電車やバス代が高いと失敗します…(+_+)